未使用でも総量規制対象に含まれます!

総量規制の中に、ショッピング枠は含まれません。
クレジットカードを何枚か持っていて、そのショッピング枠の合算が年収の1/3を超えても、それは総量規制の対象にはならないということです。ショッピングの支払いをリボルビング払いや分割払いにしているという方も多いと思いますが、ショッピングに関しての支払い方法に、影響は全くありません。

しかしキャッシング枠は、実は総量規制の下では、借入を一切していなくても「限度額=借入額」とみなされてしまいます。たとえばキャッシングの限度額50万円のクレジットカードを2枚持っていたら、一切使用していなくても、100万円もの借入金があることになるというわけです。そうなると、新たにクレジットカードを作成したりすることもなかなか厳しくなります。クレジットカードにキャッシング機能がついている場合、そのキャッシング枠は対象となります。
クレジットカードの現在のキャッシング枠が50万円以上であれば、収入の証明ができる書類(給与明細や源泉徴収票)が必要になることもありますし、ほかの クレジットカードにキャッシング枠があり、合算して年収の1/3を超える利用があった場合、キャッシング機能のみ使用できなくなることもあります。
例えば、クレジットカード3枚に、40万円ずつのキャッシング枠があり、全く利用していない方がいたとします。この方が、新規で借入をする、またキャッシングカードなどを作りたいという時、与信調査ではすでに120万円の貸し付けがあるということになります。
総量規制では複数社からの借入で総額100万円を超えた時点で、年収を証明する書類の提出が必要になりますので、キャッシング枠を何も利用していないのに、源泉徴収票や給与明細を提出しなければならないのです。

キャッシング機能を使う予定がない場合、キャッシング枠をはずしておくほうが良さそうです。手続き自体は簡単ですから、面倒がらずに済ませておきましょう。

  • 最近、クレジットカード現金化のランキングサイトが増えているので、以前より悪質な業者にだまされる方は減っています。
  • 優良な現金化業者はカード会社手数料などを含め、品物の金額の80%程度でキャッシュバックサービスを行っています。10万円の申し込みで8万円の還元を受けられる計算です。
  • 最後になりますが、クレジット現金化サービスは、利用の際の審査がなく、信用情報機関に登録もされない等気軽に利用できますが、使いすぎには注意をしてください。