ショッピング枠は総量規制に含まれる?

総量規制は、消費者金融等、貸金業法によって業務を営む企業、その貸付等が対象となる法律です。当然、クレジットカードも、総量規制の対象となります。
しかしその対象は、クレジットカードの機能のうち、キャッシング枠が対象となるので、クレジットカードのショッピング枠に関しては対象外です。クレジットカードのショッピング枠は、貸金業法の規制の対象ではなく、割賦販売法の規制の対象です。このため、総量規制の対象とはなりません。

そういう意味では、いくら貸金業者や他の金融機関から借入があったとしても、ショッピング枠そのものは、少なくとも貸金業法上は、制限されることはありません。ただし、これは、あくまで貸金業法上、制限されることがないだけです。クレジットカード会社では、独自の審査基準で与信審査をします。この際に、貸金業 者や他の金融機関からの借入が多いようだと、クレジットカード会社の審査基準に抵触する可能性があります。ですから、あまり借入の金額が多いようだと、 ショッピング枠にも影響を与えることになる可能性もあります。

具体的には、クレジットカードの新規の作成の際や、クレジットカードの更新の時に、与信審査がおこなわれます。この際、貸金業者や他の金融機関からの借入の金額が多いことを理由に、クレジットカードの作成や更新を断られることがあります。

  • 2年ほど前から、総量規制対象外のクレジット枠を現金化するサービスが増えてきています。
  • 借入の審査もなく利用者は増加傾向にありますが、ショッピング枠現金化の比較サイト等を参考に優良な業者を探してください。
  • カード現金化には賛否両論ありますが、利用する際には節度を守り使いすぎには注意をしてください。